いつも誰かに、助けられてる

私ってどうも

自分のことばっかりになりがち。

例えば

ブログを書いてると

いいね!してもらったら

とても嬉しいの。

自分が人にしてもらって嬉しいことは

人にしてあげましょうって

子どもの頃に言われたような気がする。

その逆は

自分が人にされて嫌なことは

人にはしないようにしましょうだよね。

こうして書くと

なるほど納得!なので

上の教えは突っ込みどころ満載だけど

とりあえずそこはスルーする。

同期や

知り合いや

友だちのブログには

いいね!をしたいと思う。

なんだけど、

私って基本、自分中心で余裕がないのだ。

もちろん

余裕があるときもある。

でも1つのことが気にかかり出すと

そのことから一旦離れて

気持ちを切り替える、というのが

苦手なのだ。

だから

冷たい

自己中

と言われたこともある。

自分のことでイッパイイッパイだと

人のことなんて

どうでもよくなっちゃうんだよね。

正確には

人のことを考える余裕がなくなっちゃうの。

若いときはその傾向が顕著だった。

中年と言われる歳になって

さすがに

昔ほど余裕がなくなることはなくなってきた。

触れ幅は小さくなったものの

そのときの状態や気分に左右されるのは

変わらない。

キャパが小さい自分を

嫌いに思ったときもあったけれど

世の中には心の広い人がいて

こんな私でも永くつき合ってくれる友だちも

いるのだ。

その結果私の周りには

いい人しかいない

という結果になってる。

すごく不思議なんだけど

自然とそういうことになってる。

無理してない(無理できない)からかな

話が逸れたけれど

いいね!ができないときがあることを

伝えたかった。

いいね!するなら

ちゃんと読んでからしたいので

読む元気がないときは

いいね!できないのだ。

ブログを書くのに

すごくエネルギーがいる人がいるのも知ってる。

ブログを書くのに

すごく勇気を出してる人がいるのも知ってる。

ブログを書くのに

すごく苦労している人がいるのも知ってる。

だからね

みんなすごいと思ってるの。

そして

私のブログを読みにきてくださる方。

いいね!をしてくださる方。

いつもありがとうございます。

自分ができないときがあるからこそ

ありがたみがわかるのです。

1人も読んでくれないと思って書く文章と

誰かが読んでくれると思って書く文章は

明らかに違ってくるもん。

読んでくれる人がいるから

私は書いているのだと思う。

私のブログを読んでくれた人が

少しでも楽になってくれたら嬉しい、と願って

書いてる。

その一方、

書いていることで

私が救われている部分もある。

結局、助けてもらってるんだなぁ。

昨日のお弁当

肉団子にはカレー粉が入ってる!

こんなに毎日スパイス食べて

自分がスパイス臭いのじゃないかと心配になり

友だちに聞いたら

大丈夫と言ってくれた。

一安心だ。

お弁当に入れた目玉焼きが

想像以上においしくて、ビックリ

今まで入れたことなかったけど

高校時代

友だちのお弁当に入っているのは

見たことがあった。

これからは出番が多そう。

カウンセリングしています。

個人カウンセリング詳細お申込みはこちら