上海残留組

7月22日土から上海日本人学校が、夏休みに入り、多くの日本人母子が、一時帰国。

職場でもオジサン達駐在員が、交代で一時帰国するようになり、若干、夏休みモードに

入った。

自宅近所では、日本人が減少した分、人口密度が低くなったような気がする。

一部残っている日本人家庭のお子さん達は、連日のように日系進学塾のバスに揺られ、

夏期講習へと向かっている。

中学受験または高校受験を控えているのだろう。

心の中で頑張れ!とエールを送り、バスを見送っている。

一方、息子ちゃんはと言うと、お友達が軒並み一時帰国してしまったので、午前中は、

学校の宿題自習、午後は昼寝やテレビ、読書、夕方、ネズミを迎えるついでにマンション

下の木陰でアイお手伝いさんとバトミントンを1時間ほどして、汗を流している。

今年ものんびりした夏休みだ。

休日の日系スーパーは、いつもなら駐妻駐在員妻やお子さん達で賑わっているが、

閑散とし、列に並ばなくてもお会計出来て快適。

会社帰りに立ち寄ると、日頃なら出遅れて葉物野菜が売り切れていたりするが、余裕で

調達出来て嬉しい。

同じく会社帰りのオジサン達駐在員は、入り口からお惣菜お弁当売り場へ直行。

ついでにビールも調達。

一人晩酌だろうか。

母子が日本を満喫中、接待のないオジサン達駐在員の食生活は、日系スーパー頼み

で意外と地味だ。

お惣菜は充実しているが、結局好きな物しか手に取らないのだから、この猛暑に夏バテ

しないだろうか、と他人のご主人ながら気になる。

大きなお世話だな。(--;A

お父さん達は、暑い上海で頑張ってますよ!()/

お母さんのネズミも頑張ってるけどな。(艸)

そんな上海残留組の静かな日常。

もうすぐネズミ家も夏休み。

家族で日本へ旅行に行くのが楽しみだ。

今や一時帰国でなく、日本旅行と思っている自分が心配。(lll)