そのフライパンは原発資材だったかも

フライパン、テフロン加工も問題ですが

テフロン加工してない鉄の、樹脂も塗ってないものでも、

原料が原発関連物資だったら嫌ですね

以下美浜の会さんHPから転載

リアランスに関する欧州放射線リスク委員会のガイダンスノート

議論の紹介とECRRの反対する視点日本でもクリアランスが導入されようとしている。経産省は来年の通常国会で法制化を狙っている。2003年6月に欧州放射線リスク委員会ECRRが、その最初のガイダンスノートクリアランスのための基準を公表している。ここではその記述を参考にして、クリアランスがはらんでいる問題について考えたい。

リアランスとは

安全委員会報告書主な原子炉施設におけるクリアランスレベルについて1999年3月によると、日常生活における自然界の放射線やリスクとの関連を考慮すれば、ある物質に含まれる微量の放射性物質に起因する線量が、自然界の放射線レベルに比較して十分に小さく、また、人の健康に対するリスクが無視できるものであるならば、当該物質を放射性物質として扱う必要がないとして、放射線防護に係る規制の枠組みから外す考え方をクリアランスとしている。そして、クリアランスレベルを導出するための線量の目安値として年間10マイクロシーベルトSv自然界から受ける年間被曝線量の1/100以下を用いるという。年間10Svについては、国際放射線防護委員会ICRPが、人の健康に対するリスクが無視し得る線量としているという。

リアランスが導入されると、これまでは原子炉施設内の物質として外部とは隔離されていた、濃度は薄いかもしれないが大量の放射能が、我の生活に入ってくることになる。原発の廃材がフライパン等に生まれ変わるのである。放射性物質として扱われているものが、法的処置によって非放射性物質になるのである。もちろん、法律によって放射能の強さが弱くなるというものではなく、個にはわずかな汚染であってもそれが膨大な量の生活物質に含まれ、結果として、我の集団線量は確実に増加することになる。

低線量内部被曝問題についてICRPモデルは適切でない

例えば、クリアランスレベル以下であるとされた物質にU-238が入っていたとする実際に全核種のクリアランスレベルは02Bq/gにされようとしている。U-238が肺に吸入されアルファ線42MeVを1本放出したとする。ICRPにならってアルファ線放射線荷重係数を20とし、肺の質量が1kgだとすると、1本あたりの等価線量は13510-5Svになる。さらに肺の組織荷重係数を012とすれば、実効線量は1610-6Svとなる。したがって、U-238からのアルファ線だけで考えると、年間10Svという基準は、年間6250000本のアルファ線が自然放射線レベルよりも多く肺に照射されることを許すことに相当するこれは02Bqに相当。このような計算をすると放射線専門家からは、同じアルファ放射体であるラドンがもたらす年間の被曝線量は14mSv1400Svであり、10Svの140倍であるという批判が返ってくる。自然界のレベルの1/100以下だという主張である。しかしラドンからのアルファ線が主として気管にランダムな被曝を与えるのに対して、U-238が粒子状になっている場合には、取

り込まれた領域にある細胞だけに被曝をあたえることになる。ICRPのモデルではこのようなホットパーティクルの効果が度外視されていることをECRR2003年勧告は批判している。ガンが一つの細胞の変異から生じることに注意を喚起しつつ、ECRRは臓器レベルでの線量ではなくて細胞レベルの線量を評価する必要性を訴えている。被曝のタイプによっては、年間10Svが人の健康に対するリスクが無視し得る線量だとすることはできない可能性もある。ICRP1990年勧告が出されて以降に見いだされた諸発見によって、特に核分裂生成同位体の低線量内部被曝に関しては、科学者や医療研究者の間で盛んな議論が展開されている最中である。