カメラの卒業式

先日作家さんとのランチ会、姪っこのお誕生日会に持っていったデジカメがもう具合が悪すぎてやむ無くスマホで。

スマホのがもはや綺麗なんだけど、やっぱりカメラが好きなのは、写真屋さんでバイトをしてたから。

そしてあまりの具合の悪さに、7年間(6年間かも)使ったRICOHのCX5と遂にお別れすることにしました。

最近勝手に目ん玉が出たり入ったりして頭がおかしくなってきて、この前みたいに撮れない時が増えたから。

友達の誕生日、ただの飲み会、ライブ、結婚式。

関東の殆どに、神戸、京都、大阪、高知、徳島、愛知、三重、シンガポール、富山、福井、静岡

思い浮かぶだけでも沢山の人と沢山の場所を撮ったなぁと、年間3000枚は撮るので推定20000枚くらい。

買った当時まだライブをしていて、死ぬほどお金がなかったのに衝動的に出会ってしまって、

3万円がすごく大きい買い物でドキドキしたのを覚えてる。

だけど無理しても買って良かったと思うもののひとつだったな。

こんなに傷だらけになるまでよーく頑張ってくれました。思い出の宝箱!

そして先日から、新しい相棒になったのがCanonPowerShotです。

この子はどんな景色や出会いを焼き付けてくれるんだろうなーって、わくわくする。

だって物持ちが良いというか、貧乏性な私はきっとまた平気で7年とか使うから。

37歳の私って一体何してるんだろ。何撮るんだろ。想像がつかないことを想像するのは不安で楽しい。