すいか色

 ONKYOのポータブルアンプDAC-HA200とiPod classicをケーブルで繋いだものの

これでは接続部分に負担が掛かり壊れる恐れがあるので、あれこれ考えて作ってみた。

30pinDockのL字ケーブルは、需要も無いのでムダに\が高いためこんな仕様に・・

端材の9mm杉板をアンプの全長から長さ2cm以内で4層でいけるだろうと1枚ずつ

切断してケーブルやアンプにはまるように彫刻等で彫って接着して研磨する。

適当に現物合わせでピッタリあわせ、塗装してクリアで仕上げ(何故かアンティーク風)

3Dプリンタで簡単に作れるんだろうけど私は手仕事で。

だってこんなの需要無いでしょ。

作って満足。しかし、こんな重たい物持ってどこへ行くというのか? 

トランク引いて長距離移動なら持って行ってもいいかもな。 

でもこの組み合わせってもの凄くiPodの電池の消費が激しい。 iPhoneのようにアンプ側への電源供給をカットするLightningケーブル用の音楽専用iPodは・・・

出るわけ無いか・・。 nanoちゃんじゃ容量少ないんだよ。

広告を非表示にする