読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車屋の生き物歳時記 アオゲラ

2月15日

水曜日

自転車屋の生き物歳時記

アオゲラ

森林植物園トレッキングで

木の幹に留まって

コンコンと音をたてながら

木をつつきながら

移動している鳥を見かけた。

キツツキや!

リアルなキツツキは初めて見た。

アオゲラって名前のキツツキでした。

アオゲラ(緑啄木鳥、Picus awokera)は、

キツツキ目キツツキ科アオゲラ属に

分類される鳥類。

日本固有種。

全長29cm (29〜30cm)、

体重120〜138g。

体上面の羽衣、尾羽や翼は黄緑色で、

和名(緑も含めた古い意味での青)の

由来になっている。

背中や肩羽は灰色みを、

腰や尾羽は黄色みを帯びる。

胸部の羽衣は灰褐色。

腹部の羽衣や尾羽基部の下面(下尾筒)は白く、

体側面から下尾筒にかけて

アルファベットの「V」字状の黒い斑紋が入る。

頭部や頸部の羽衣は灰色で、

嘴の基部から側頭部にかけて

黒い筋模様(顎線)が入る。

顎線の一部は赤く、喉は白い。

初列風切は黒褐色で、白い斑点が入る。

虹彩は暗赤色。

上嘴の色彩は黒く、

下嘴の色彩は黄色みを帯びる。

後肢の色彩は灰色。

オスは

額から後頭にかけての羽衣が赤く、

顎線にある赤色部の面積がより大きい。

メスは

後頭の羽衣のみ赤く、

顎線にある赤色部の面積がより小さい。

南に分布する個体群は小型で、

体色が濃くなる傾向がある。

平地から山地にかけての森林に生息する。

あまり季節の移動しないが、

亜種アオゲラは住宅地などでも観察される。

食性は

動物食傾向の強い雑食で、

主に幹や枝で昆虫を採食するが、果実も食べる。

樹上でも地表でも採食を行い、

地上でアリも採餌する。

生木の幹に穴を掘った巣に、

1回に7〜8個の白色無斑の卵を産む。

雌雄交代で抱卵する。

鳴き声は、キョッキョッ。

飛翔時にケレケレケレと鳴くこともある。

繁殖期には口笛のような

ピョーピョーピョーという声も発する。