読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずフライステーブル組み上げ

補強が終わったフライス盤のテーブルを組み上げてみましたが…

送りネジのノーバックラッシュ機構にガタが出てやがる(ToT)

V-ONEのサーボセーバースプリングを送りナットと予圧ナットの間に挟んだいわゆる定圧方式の機構なのですが、スペースがないので予圧ナットの回り止めが弱く、送り方向を変えた際に予圧ナットが送りナットに対して10度くらい回ってしまいます。

これでは、ノーバックラッシュ機構を組んだ意味がない…

現状では予圧ナットを送りナットとスプリングと一緒にケースに入れて回り止めとしているのですが、オリジナルマインドのRPXみたいにテーブルのスライドに対して回り止めした方が良いのか、いっそのこと定位置方式にした方が良いのか?どちらも一長一短あるので悩ましいところです。

さて、どうしたものか(--;)