読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1リットルの涙

『麻生くんへ

面と向かっては素直に言えなそうだから手紙を書きます。

いつもそばにいてくれて、ありがとう。

はげましてくれてありがとう。

自分の夢を見つけて、生き生きと輝いてる麻生くんをみると私もうれしくなります。

いろんなことを学んで、いろんな人と出会って、あなたはこれからもずっとずっと生きていく。

あなたの未来は無限に広がっている。

でも、私は違います。

私に残された未来は、なんとかして生きる、それだけ。

たったそのことだけ。この差はどうしようもありません。

毎日、自分と戦っています。悩んで、苦しんで・・・その気持ちを押さえ込むので、精一杯です。

正直に言います。

麻生くんといると、つらいです。あんなこともしたい、こんなこともしたい、

もしも健康だったら出来るのにと、思ってしまうんです。

麻生くんといると、叶わない大きな夢を描いてしまうんです。

もちろん、麻生くんのせいじゃありません。

でも、羨ましくて、情けなくて、どうしても、今の自分が、みじめになってしまうんです。

そんなんじゃ、前を向いて生きていけないから、いろいろしてくれて、ありがとう。

こんな私のこと、好きって言ってくれて、ありがとう。

何も返せないで、ごめんなさい。

もう、会えません。』

広告を非表示にする