読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一月

● 一月

◆a href=http://mjk.ac/rLapgFhttp://mjk.ac/rLapgF/a

1月(いちがつ)はグレゴリオ暦で年の第1の月に当たり、31日ある。

日本では旧暦1月を睦月(むつき)と呼び、現在では新暦1月の別名としても用いる。睦月という名前の由来には諸説ある。最も有力なのは、親族一同集って宴をする「睦び月(むつびつき)」の意であるとするものである。他に、「元つ月(もとつつき)」「萌月(もゆつき)」「生月(うむつき)」などの説がある。

英語のJanuaryは、ローマ神話の出入り口とドアの神ヤヌスにちなむ。年の入り口にあたることから、ヤヌスの月となった。

 

◆異名

 いわいづき・いはひづき(祝月)、かげつ(嘉月)、かすみそめづき(霞染月)、たんげつ(端月)、しょげつ(初月)、しょうがつ(正月)、けんいんづき(建寅月)、げんげつ(元月)、たいげつ(泰月)、たろうづき(太郎月)、さみどりづき(早緑月)、としはつき(年端月、年初月)、はつはる(初春)、むつき(睦月)

1月の季語

1月は物事を初めた時の言葉がたくさんある。

新年、元旦、元朝、初鶏、初鴉、初雀、初明かり、初日、初空、初富士、初凪、若水、初手水、 御降(おさがり:元旦に降る雨)、乗初、白朮詣(おけらまいり)、初詣、破魔弓歳徳神恵方詣、七福神詣、 延寿祭、年賀、御慶、礼者、礼受、名刺受、礼帳、年玉、賀状、初便、初暦、初刷、初竈、大服、 屠蘇(とそ)、年酒、雑煮、太箸、歯固(鏡餅を供え、食い祝う事)、食積、ごまめ、数の子、切山椒、門松、 飾、注連飾(しめかざり)、飾臼、新月鏡餅、蓬莢、初化粧、初諷経(声を出し経文を読誦する事)、歯朶(しだ)、 楪(ゆづりは)、野老、穂俵、福寿草、福藁(ふくわら)、春著、手毬、独楽、追羽子、羽子板、羽子、福引、 歌留多、双六、絵双六、十六むさし、投扇興、万歳、猿廻し、獅子舞、傀儡師、笑初、泣初、 嫁が君(新年のねずみの事)、二日、掃初、書初、読初、仕事始、山始、鍬始、織初、縫初、初商、売初、 買初、初荷、飾馬、初湯、梳き初、 結い初、初髪、初鏡、稽古始、

謡初、弾初、舞初、初句会、初芝居、 宝船、初夢、三日、松囃子、福沸、三ヶ日、御用始、帳綴、女礼者、騎初、弓始、出初、寒の入、 小寒、 寒の内、寒の水、寒造、寒餅、寒紅、寒詣、寒垢離(水を浴びて祈願する事)、 寒念仏、寒施行、寒灸、 寒稽古、寒復習、寒弾、寒声、寒見舞、寒卵、寒鯉、寒鮒、 寒釣、七種、若菜、薺(なずな)、薺打つ、 七種粥、粥柱、寝正月、三寒四温、悴かむ、 胼、鷽替(1月7日筑前太宰府天満宮で行われる神事)、小松引、 初寅、初卯、初薬師、初金比羅十日戎、宝恵駕(1月10日大阪今宮戎神社の祭礼)、初場所、餅花、土竜打、綱曳、松の内、松納、飾納、注連貰、左義長(新年の飾りを取り除いて燃やす事)、鳥総松、松過、小豆粥、 成人の日、薮入、凍る、冴ゆる、皸、霜焼、霰、風花、雪起し、雪、雪見、雪掻、雪卸、雪踏、雪まろげ、 雪合戦、雪礫、雪達磨、竹馬、スキー、雪車、雪沓、かんじき、しまき、凍死、雪眼、雪女郎、雪折、雪晴、 氷、氷柱、氷柱、採氷、砕氷船氷下魚

、スケート、避寒、寒月、寒の雨、薮柑子、青木の実、寒牡丹、 葉牡丹、寒菊、水仙、冬薔薇(ふゆさうび)、冬の草、竜の玉 、寒竹の子、冬苺、麦の芽、寒肥、初大師、 大寒、厳寒、初天神、日脚伸びる、早梅、臘梅(らふばい)、寒梅、探梅、冬桜、寒椿、侘助、寒木瓜、室咲、 春待つ、春隣、節分、柊挿す、追儺(ついな:なやらひ、鬼やらひという)、豆撒、厄落、厄払、厄塚、 懸想文

1月の年中行事

初詣(御坂神社)

楊洲周延 『千代田之御表』御鏡開ノ図(明治30年)。

正月

1月1日 - 元日(日本)

1月2日 - 初夢(日本)

1月7日 - 七草(日本)

1月11日 - 鏡開き(日本)

1月第2月曜日 - 成人の日(日本)

1月第3月曜日 - マーティン・ルーサー・キング・デー(アメリカ合衆国

1月26日 - オーストラリア・デー(オーストラリア)。リパブリック・デー(インド)

日付不定 - 旧正月(主に台湾、中華人民共和国、韓国、ベトナムシンガポールなど中国文化圏。日本でも沖縄県など一部地方で祝われる)

太陰暦の末ごろから2月中旬の間で毎年変わる。

1月に行われるスポーツ

1月1日 - 天皇杯全日本サッカー選手権大会勝戦

1月1日 - 全日本実業団駅伝(群馬県

12月末から1月上旬 - 全国高等学校ラグビーフットボール大会東大阪市花園ラグビー場

12月末から成人の日 - 全国高等学校サッカー選手権大会南関東1都3県)

12月末から1月中旬 - ダカール・ラリー(ラリー 南アメリカ諸国)

1月2日から3日 - 東京箱根間往復大学駅伝競走

1月3日 - ライスボウルアメリカンフットボール 東京ドーム)

1月第2月曜 - カレッジフットボールプレーオフ・ナショナルチャンピオンシップ(カレッジフットボール

第1週末から第3週末 - NFLプレーオフアメリカンフットボール

11月下旬から1月上旬または中旬 - 全国大学ラグビーフットボール選手権大会

上旬から下旬 - 大相撲一月場所(国技館

第2日曜又は第3日曜(最終日曜の2週間前)- 全国都道府県対抗女子駅伝(京都)

中旬から下旬 - 全豪オープン - サッカー4大大会第1戦(オーストラリア・ビクトリア州メルボルン

中旬から下旬 - 全日本卓球選手権大会

第3日曜又は第4日曜(最終日曜の1週間前)- 全国都道府県対抗男子駅伝(広島)

下旬 - NHLオールスターゲーム(アイスホッケー)

下旬 - ラリー・モンテカルロ世界ラリー選手権 モナコ公国・フランス)

下旬 - 日本ラグビーフットボール選手権大会

最終日曜 - プロボウルアメリカンフットボール

最終日曜 - 大阪国際女子マラソン大阪市

1月がテーマの楽曲

僕と子犬と1月のバス通り (歌: 伊勢正三

1月の雨を忘れない (歌: THE ALFEE

一月一日 (歌: 森高千里

満月の夕(歌:ソウル・フラワー・ユニオン

その他

福寿草

誕生石 - ガーネット(柘榴石)

星座 - 山羊座(1月20日頃まで)、水瓶座(1月21日頃から)

誕生花 - 福寿草水仙

 

◆いち‐がつ〔‐グワツ〕【一月】

1年の最初の月。正月。いちげつ。むつき。《季 冬》

いち‐げつ【一月】

1 1か月。ひとつき。

2 いちがつ。正月。

3 一輪の月。

「数星あひつらなるといへども、―にしかず」〈曽我・一〇〉

 

◆いちがつ【一月】

〔「いちげつ」とも〕

一年の中の第一番目の月。正月。むつき。太郎月。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]〕 [季] 冬。 《 −や去年の日記なほ机辺 /虚子 》

いちげつ【一月】

?

[4][0] いちがつ。

?

[2][0] ひと月。一か月。

?

[2][0] 一つの月。

 

◆1月の暮らし・歳時記〜日本の行事・暦

 a href=http://koyomigyouji.com/1tsuki.htmlhttp://koyomigyouji.com/1tsuki.html/a

元情報:http://tinyurl.com/j4f8j3j

(Powered by my日本 http://sns.mynippon.jp/)

広告を非表示にする

鰻丼(辻屋)関市

12日(日)

たまにはラーメンをやめて鰻丼を!

関市の老舗「辻屋」さんです。最近では「しげ吉」「みよし亭」なんてのもありますけど、やっぱり関の鰻はここです。12時を過ぎましたが、何とか奥の和室に入れていただきました。小さなひな人形が飾られ、窓から水車が眺められるとても素敵な部屋です。今回は「並鰻丼定食」をお願いしました。表面がぱりぱり、中はふわふわ!美味しいですね。今回初辻屋の娘が「今まで食べた鰻と全く違う!」(*_*)と驚いていました。ご飯の炊き方、奈良漬け、肝吸い、メロンどれをとっても完璧な一杯でした!

帰りに大将にもご挨拶をいただき気持ちよく店を後にしました。

広告を非表示にする

暖かなお昼間でしたぁ

水やりしたりしてると

気分はすっかり春〜。

・・・まだ2月半ばなのを忘れそう

それくらい暖かな一日でしたぁ。

明日も春の陽気だそうで

そういう時に出かけたいなぁ〜。

でも一仕事したいのでガマン、ガマン。

家飯

キャベツの千切りがあって、

ベーコンがある。

なのでアリ合わせお好み焼きの出来上がり。

透析日誌 #21

北海道の透析フレンズが、低血圧で悩んでいる様子です。

血圧が低いとシャント詰まりをお越し易いので要注意です!

看護師の意見だと、高血圧も悪いことだが低血圧は薬もなかなか効かないので注意してくださいと……

普通が一番だが、その普通がなかなか………

広告を非表示にする

【ニュース】分けとけ。

「こんなの決めても守られるわけない」というのは次の次元の話。それ言いたいなら別に場を設けて、不満(や諦め)の形ではなく前向きな議論をすればいいと思う(してほしい)のだがね。

この段階で不満を噴出させても前向きな議論の邪魔になるだけ。(ってまあここ(SNS)でうだうだな分には別によいか。も少しちゃんとした議論をするべき場でも同じうだうだになるのが、問題(大問題)なんだよな。)

で、まずは基準をどこに置くのがいい(と思う)かの話。

「他人を雇う場合の」残業上限は月60時間でも「多すぎる」くらいやと思う。「過労に伴う身体的精神的障害の発生率は(残業が)月40時間を超えると明確に上昇し始める」統計データがあると聞くし、「仕事の生産性(時間効率)」の方は労働時間(残業時間じゃないよ)がある閾値を超えると時間と共に低下するという研究が複数あるようだ(閾値の数字忘れましたが…(残業でなく)1日の労働時間が、8時間よりも前から低下が始まっていて、欧米社会が「所定労働時間」を7時間とか6時間に短縮しようとしている根拠になっていたような)。

「繁忙期のために月100時間は確保したい」?(←経営側の言い分)

あほ言うな。

本来、残業は「例外」やというのを忘れたか。(バカやからはじめから知らん、いや、覚えられんのか。)

残業40時間が「当たり前」で定常化してるから100時間欲しくなる訳で、定常運転を残業なし(でこなせるくらいの業務量)にしていれば繁忙期でも+60時間で十分すぎるくらいやないか。

これでもまだ多すぎるわ。

とここ(の私の主張)をはっきりさせた上で。

通常運転で「残業あるのが当たり前」なのは仕事が多すぎるからですが、仕事が多すぎるのは人手が足りないから…ではなく、マネジメントが機能してないから、やと思う。(ある規模以上の組織の場合限定です)

この残業問題しかり、

生産性(時間効率)云々の議論を末端に丸投げする態度然り。

日本の経営層(の過半)っつか政財界人(の殆ど?)は、「規模の大きな組織を動かす」能力やら観点やらが欠けているように思うのです。

いわゆる「家族経営」的な、一人の目と手が直接届く範囲の、「小さな集団」の運営にはよかったんだろうけど。そのやり方で集団規模がでかくなると、無駄が指数関数的に増えるのです。どこかで「集団」を「組織」に変えていかねばならない。けどまだできてない。(そういう問題意識もない。)

仕事が(無駄に)多くても末端は「人が足りない」しか言えない。けど、今の状態で人を増やしても「人が増えたら仕事も増えた」になるだけなんだよね。

ここは早急にメスを入れないと、少子高齢化(「過大な負荷に耐える」労働人口の減少)時代に対応できないぞ。って言われ続けてはや何十年。

遅いよ。遅すぎる。

左舷だけじゃなく全方面弾幕薄いよね。

未だに「人が足りないなら外から持ってくればイイ」発想の人が政財界を牛耳っているのがもう、ね。

いろんな意味で、アタマ悪すぎ。

■残業月60時間提示=繁忙期は再調整―働き方会議

(時事通信社 - 02月14日 19:01)

中途半端の信仰は宗教となる!

ハレルヤ☆

皆さまおはようございます(^^)

今日はお休みです。

昨日は月曜日に父の入院先の病院から、インフルエンザの解除がなされたという電話があり、仕事帰りに父の所に寄ってから、ボウリングの定例会に参加しました。

父はよく眠っていましたが、再会の恵みと祝福とを祈って病院を後にしました。

ボウリングでは、今回は、テニスに来てくださっている仲間と教会からは福島兄が参加してくださり感謝でした(^^)

また、参加されたすべての皆さんにも感謝でした(^^)

二次会もとても楽しい交わりとなりましたね(^^)

また、宜しくお願いします(^^)

なお、ボウリングの結果ですが、年に一度出るか出ないかの200が出まして、優勝させていただきました。

主に感謝です(^^)

主の御手が働いてくださったのだと思います(^^)

さて、今日もミッションが多くありますが、まずは御言葉から御声を聴いて行きます。

■ディボーション・第1サムエル15章12節〜23節

■御言葉22節〜23節

●するとサムエルは言った。

「主は主の御声に聞き従うことほどに、全焼のいけにえや、その他のいけにえを喜ばれるだろうか。

見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。(22節)

●まことに、そむくことは占いの罪、従わないことは偶像礼拝の罪だ。あなたが主のことばを退けたので、主もあなたを王位から退けた。」(23節)

■背景

この章では、主が選びお立てになられたサウル王が、決定的な罪を犯し、主は残念に思い、王の座を退けるシーンが書かれています。

その様子を書きますと、

サムエルが、サウルに、「敵であるアマレク人を一人残らず滅ぼせ、また、家畜もすべてだ!」という主の命令を告げました。

しかし、彼は、アマレク人はその通りにするも、「王であるアガクと家畜は残すという中途半端な聴き従い」を行いました。

これを持って、当のサウルは自分の記念碑を建てる始末でした。

■宗教でなく、信仰を!

彼がこうして悦に入っているところに、

サムエルがやって来て、このことを指摘されると、彼は「国民が家畜を惜しんだ」と、国民にせいにしてます。

サウルは前に、ヨナタンの功績を自分の手柄として国民に伝えたり、今度は、責任ある立場としての落ち度を指摘されると、国民のせいにしたりと、罪を犯す典型に見事にハマっています。

これに対して、サムエルは次のように指摘しました。

●「あなたは、自分では小さい者にすぎないと思ってはいても、イスラエルの諸部族のかしらではありませんか。主があなたに油をそそぎ、イスラエルの王とされました。(同17節)

国王として最高の責任ある立場として、民を正しく引っ張って行く時に、大切なのは自分を生かそうとせず、自分の思いを捨て主を恐れること!

こうして、

聴き従って行く信仰者にならないことには、到底務まりません。

しかし、

サウルは自分がいかに生きるかという思いが強く、信仰でなく、宗教をやって自分に権威着けし、理屈を上手に着けて主に従っているように見せていました。

ただ、これはサウル自身は何が罪なのか分からないというわけで…

●主との人格の交わりなくして罪は分からないのです。

■御心を心に留めて

御言葉にもありますように、中途半端は聴き従いは占いの罪であり、偶像礼拝の罪であることだと言います。

●わたしは、あなたの行ないを知っている。あなたは、冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろ、あなたが冷たいか、熱いかであってほしい。(黙示録3章15節)

と言われる主の基準に近づけるように、日々主との関係を築き従って行く者になろう。

サウルは罪の自覚に希薄でしたが、

今の私たちには、罪が分からない私たちに対して、十字架上で、執り成し祈ってくださったイエス様が、復活を持って共におられるのですから(^^)

また、主の御霊は離れることは決してないのですから(^^)

では、今日はこの辺で(^o^)/

今日も皆さんの上に主イエス・キリストにある平安と恵みのシャワーが降り注ぎますように☆

四色

黒、青、赤、白の四色が基本色。

人は、この内の二色を有することができる。

たまに一色だけの人もいる。

ちなみに私は、青と赤。

混ぜると紫になる。

中国では、四方に四色を配し、中央に黄色を置く。中央に王を置くので、王の色は黄色。

広告を非表示にする